公開履歴
パソコンを使っている男性

サイト運営を開始するのは、何らかの商品やサービスの認知度をあげたり、訪問者からの問い合わせを期待することが動機になっています。最終的には売上などの収益をあげたり、新規顧客層の誘因をめざすことになりますが、その前提としては運営サイトの知名度をインターネット空間上において、上昇させることが必要になっています。

直接的には代表的なGoogleなどの検索エンジンに、インデックスしてもらって検索結果が上位に表示させることを目指すことになります。検索エンジンの結果において上位に表示されることを目的に取り組まれる対策全般を、SEO対策とよびます。
普通はサイト運営を新規で始める場合には、新規ドメインを取得してからコンテンツ作成などに従事することになります。あらたなサイトを立ち上げる以上は、新規ドメインを取得することから開始するのは理にかなっているといえます。しかしSEO対策の観点からは、必ずしも新規ドメインにこだわるだけでなく、中古ドメインを利用するという選択肢がメリットを享受できる場合があります。

中古ドメインとは新規ドメインの反対に位置するもので、更新忘れのまま放置されて契約切れになってようなドメインのことです。しかるにわざわざ更新忘れで契約切れになっているような中古ドメインに対価を支払って取得することには、メリットが無いようにも思えます。中古ドメインはオールドドメインとも呼ばれますが、サイト開設からある程度の年数が経過しており、その日数の積み重ねによるドメインエイジをもっている特徴があります。ここにSEO対策の一環として、ドメインエイジのある中古ドメインを取得するメリットがあるのです。

中古ドメインは過去の一定時期にコンテンツを作成しサイト運営を展開していた実績をもっているので、検索エンジンのクローラーにインデックスされやすいというメリットがあります。これは新規ドメインではみられない特徴のひとつで、インデックスされやすいので検索結果上位も見込めることになります。ドメインエイジをもっているオールドドメインをあえて取得することには、このような新規ドメインにはないメリットがあるわけです。つまり運用歴があるドメインをあえて選択することでSEO対策を取るという意味合いがあります。またサイト運営の実績があるので、他のサイトからの被リンクも承継することが叶います。
したがって被リンクの引継ぎのメリットも享受できます。

記事一覧

中古ドメインを活用することの大きなメリットは、ドメインエイジの積み重ねがあるのでバックリンク効果を見...

中古ドメインを購入した場合に、一番懸念されるのが過去にGoogleからペナルティを受けていて解除され...

パソコンのイラスト

サイト運営を行うにあたって、管理者が常に念頭におく必要に迫られているのは検索順位の上位表示やアクセス...

パソコン

中古ドメインは中古ドメイン販売サイトで購入することができますが、ドメインの質に応じて値段には違いがあ...

インターネットとパソコン

新規ドメインでオリジナルドメインを取得するか、と中古ドメインを購入してサイト運営を行うべきか、はそれ...

押し手のアイコン

どうせサイト運営を開始するなら、新規ドメインを取得したほうが、自社の長期的なブランディングなどをふま...