• ホーム
  • 中古ドメインがSEOに有効的ってどういう事?

中古ドメインがSEOに有効的ってどういう事?

押し手のアイコン

どうせサイト運営を開始するなら、新規ドメインを取得したほうが、自社の長期的なブランディングなどをふまえればメリットがあると言えそうです。従前に第3者がサイト運営に利用していた中古ドメインをお金を支払ってまで取得することには、意味が無いようにも思えます。
心理的にも最初の一歩から、サイトを構築してオリジナルコンテンツの充実をはかる方が、よほど賢明で合理的判断のように考える方もいらっしゃるでしょう。特に類例のない新規のオリジナルアイテムや、サービスの広汎な展開を予定している方にとっては、新規ドメインを取得する方がメリットが大きい場合もあります。ところgあえて中古ドメインを利用するという選択肢もあるのです。とりわけ指摘されているのは、中古ドメインを取得することには、SEO対策の側面が濃厚といわれています。強く指摘されることが多いのは、SEO対策における、ドメインパワーの重要性です。

ドメインパワーとは、サイトのドメインにまつわるパワーのことになります。新規ドメインを取得してサイト運営を開始すると、ほとんどの事例においてどれほどコンテンツの充実に取り組んでいても、短期間で検索結果上位に表示されることはありません。これはコンテンツ数の増加に関係なく観察される事象であることからも推測されるように、サイトリリース当初は検索エンジンやクローラーによって、客観的に正しい評価を期待することができないことを示唆しているのです。

この傾向をふまれえれば、数か月程度の運営履歴で良好な検索結果などに繋がらないからと言って、サイト運営を放置したりSEO対策を取る必要がないと判断するのは時期尚早ということができます。それでは運営履歴の時間の蓄積をまってから、コンテンツの作成に着手すればいいと言う単純なものでもないのです。
定期的にコンテンツを追加しているサイトは、検索エンジンからの評価が積みあがっていくと言う基本原則は揺るがないからです。
翻って、SEO対策においてドメインパワーの重要性が指摘されるのでしょうか。これはキーワードの種類選定に関係なくドメインパワーのつよい、サイトが上位表示されるからです。
もちろん効果的な対策をとるためには、被リンク数をあげたりキーワード選定に注意を払う等の外部対策も重要です。しかるにこれらの被リンクや外部対策などの効果的なSEO対策の前提には、ドメインパワーが強いサイト、具体的には中古サイトを利用することは合理性があると言えるわけです。

関連記事