• ホーム
  • 中古ドメインの上手な活用法

中古ドメインの上手な活用法

中古ドメインを活用することの大きなメリットは、ドメインエイジの積み重ねがあるのでバックリンク効果を見込める点にあります。新規ドメインの場合は、エイジングフィルターの適用をうける可能性もたかく、コンテンツの内容や品質に対応した評価を得るために必要なインデックスを受けることすら、当初の数ヶ月程度はレスポンスが少ない環境下でのサイト更新を求められることもあり得ます。

これではアフィリエイトなどで集客や収益を予定している場合には、まったく効果を見込めないことになってしまいます。

それにひきかえ、中古ドメインではエイジングフィルターの影響を回避することができるので、コンテンツの中身に対する評価が、そのまま検索順位に反映されることになります。

サイト閲覧者の共感や納得を得ることができれば、被リンク数の増加につながり、さらに検索順位の上昇やアクセス数の増加といったバックリンク効果も見込むことができます。とりわけコンテンツの内容が集客や収益につながる、アフィリエイト目的でサイト運営を行っている状況では、中古ドメインのユーティリティーを実感できる機会が多くなるでしょう。

ところでサイト運営を経験しドメインエイジが中長期間にわたってきた場合には、ひとつのサイト内で内部リンクが多数になってくると、利便性の面でクオリティが下がってくる状況がありえます。
特定の分野を対象にしているときでも、情報量が増加してくればさらに特化した内容で、サテライトサイトやブログをwordpressなどを利用して作ることも、場合によっては検討するべきです。ただし被リンク数を増やすために、人為的に不自然なサテライトサイトを設置すると、ペナルティを科される可能性もあるので慎重に検討するべきといえます。確かにサテライトサイトは、wordpressなどを駆使すれば容易に作成することができますが、SEO対策の重要性はメインのサイト運営と同様です。

Googleではユーザーにとっての有益性を検索順位などの結果を、判定する際には重要視すると公言しています。その影響で動画や映像などを設置するなど、コンテンツの充実に努めているサイト管理者は世に多く存在しています。しかしながら意外と表示速度については等閑視されていることが多いようです。0.5秒遅いと20%アクセス数が減少するとされているので、表示の時間短縮をはかることも重要です。時間短縮によって満足度も、アクセス数の増加も見込めるので、表示速度も可能なかぎり速くすることもSEO対策では大切です。

関連記事