• ホーム
  • 中古ドメインを買ったら是非やりたい301リダイレクト

中古ドメインを買ったら是非やりたい301リダイレクト

中古ドメインを購入したら、移転前の旧URLからのデータの転送が必要になります。データ転送が行わないと、これまでのドメインエイジのなかで積み上げてきた被リンクやインデックスなどの貴重な資産を毀損してしまうことになるからです。
実際に中古ドメインへの引継ぎにあたっては、被リンクやコンテンツなどのこれまでの蓄積したデータの転送と、検索順位などのページ価値の引継ぎなどが必要になります。
とりわけ中古ドメインへの引越しで重要なのは、被リンクの引継ぎとされています。

中古ドメインを活用して、SEO効果を最大限享受するにはリダイレクト設定を実践することにあります。より具体的に言うと、301リダイレクト設定で旧URLのSEOスコアを新URLに転送することです。つまりSEOスコアを新URLに移すことが、SEO対策の上で重要な301リダイレクトの中身です。

そもそも中古ドメインでサイト運営をするときに期待するのは、Googleにインデックスされやすくなることと、検索順位を上げやすくすることにあります。検索順位が上がりやすくなるのは、過去のGoogleからの評価が、新しいサイトでも承継される傾向が高いからです。つまりサイトのスコアを引継がせることが重要になりますが、新サイトに引継がせたい要素の一つに被リンクがあります。

実際に301リダイレクトの場面では、AhrefsというSEOツールを使用して、被リンク一覧の情報を取得することから始まります。Ahrefsは被リンクの分析や競合調査などに活用されるツールになります。Ahrefsから吐き出されたログについて、”すべてのリンクでエクスポート”することで、リダイレクトの設計を行います。

リダイレクトの設計が終わったら、.htaccessで設定を行います。.htaccessを使うことでリダイレクトは完了し、旧サイトから新サイトへの被リンクの転送などが完了します。
被リンク数を引継ぐことなどはSEO対策のうえで重要ですが、不正リダイレクトと判断されるとGoogleからペナルティを受ける可能性があるので注意が必要です。

リダイレクトはユーザーの目的にしたURLとは別のURLに移動させることです。中古ドメインへの移転などの正当な理由があってはじめて、許容される行為です。そのため検索エンジンをだますなどの目的でリダイレクト設定を行うと、ペナルティのリスクが高くなります。必要性もないのにリダイレクト設定を行って不正リダイレクトと判断されないことが重要です。

関連記事