• ホーム
  • 被リンクと検索順位上昇の因果関係について

被リンクと検索順位上昇の因果関係について

パソコンのイラスト

サイト運営を行うにあたって、管理者が常に念頭におく必要に迫られているのは検索順位の上位表示やアクセス数の増加などです。高品質サイトというのでは、インターネット空間においてGoogleなどの大手検索エンジンの安定したインデックスを獲得し、検索結果でも上位に表示されることによってアクセス数も順調に推移している傾向があります。
こういった状況はまったくの対策なしでは実現することは困難なので、各種のSEO対策が必要になる訳です。従来から重視されてきたのが、被リンクであったり発リンクであったりします。

発リンクとは、現在閲覧しているページから別ページへ移るリンクのことです。例えばある商品の紹介ページへ遷移する仕様になっていればそれも発リンクのひとつになります。これを同じサイトドメイン内で行えば、あなたのサイトの内部において重要なページを際立たせることができます。
あるいは別のドメインサイトのURLにリンクさせれば、リンク先のSEO効果を高めることが叶います。例えば自社で使用している商品のSEO効果をあげることが自社のメリットにも繋がると判断すれば、外部サイトに発リンクするなどの手法は有効です。

従来からGoogleの度重なるアルゴリズムの変更においても、かわらず高品質サイトと判断される上で重要と認識されてきたのは被リンクの数にあります。被リンクとはバックリンクの異名ももっていますが、あなたのページに対して他のURLから貼られたリンクのことです。
被リンクの数は他のサイトからもコンテンツの信頼性や充実ぶりのサイト評価が高いことを意味しているので、SEO対策において高い重要性を持つと考えられてきました。もっともアルゴリズムの変更によって、サイト評価では被リンク数の数だけでなく、被リンクの質も重視されるようになっています。被リンクの先が日本語として不自然なテキストで構成されている場合は、スパムや不正取得した被リンクと評価される可能性があります。

ところで最近ではSNSを、SEO対策の上でどのように位置づけるのかが問題になっています。

SNSからも被リンクを貼ることは可能になっていますが、nofollowとなっているのでSEO対策においては意味が乏しいようにも思えます。たしかに直接的なSEO効果には繋がらない側面がありますが、SNSの利用者は急増しており事実上の影響力は巨大なものに成長しています。検索順位に影響はなくても、他のファクターもふまえれば、SNSに対してもSEO対策をとる意味はあると評価できます。

関連記事